映え旅・映えカフェInstagram始めました♪Follow me♪

【宿泊レポ】ザ・ゲートホテル雷門で絶景&一味違う浅草観光を

ももみ

こんにちは、ももみ(@momomi_ometabi)です。

ごくごく普通のOL目線で、特別感のあるホテルを紹介しています。

先日、浅草駅から徒歩2分の「ザ・ゲートホテル雷門 by HULIC」に宿泊してきました。

  • 宿泊者だけが味わえる贅沢なバーやテラス
  • 3年連続1位に輝いた絶品ブレックファーストetc…

1泊3,000円台から、浅草をまるごと楽しめる。

リーズナブルかつ本格的。

今回はそんなゲートホテル雷門の魅力をたくさん紹介していきます♪

ザ・ゲートホテル雷門の詳細情報は以下予約サイトにて

スポンサーリンク
目次

ザ・ゲートホテル雷門の基本情報

外観はオフィスビルのような出で立ち。

この素っ気なさをどう裏切ってくるのか。

期待しつつエレベーターに乗ってフロントのある13階へ。

ゲートホテル雷門夜のロビー
ゲートホテル雷門夜のロビー

エレベーターが開くと、手前のフロント越しにきらびやかなロビーフロアがお出迎え。

時間は夜の7時過ぎ。

暗くなった外の世界とは反対に、豪華絢爛な雰囲気です。

この空間はゲートホテル雷門のシンボルのように思えます。

昼間はこんな感じ

ゲートホテル雷門ロビー

まず目に入るのはアートオブジェのような照明。

視界いっぱいに広がる浅草の町並み。

スカイツリー、浅草寺、遠くに見えるビル群。

味わったことのない視点からの浅草を味わいつつ、エレベータで客室フロアへ。

ザ・ゲートホテル雷門の客室情報

ゲートホテル雷門ハリウッドツイン

浅草との調和と対比が美しい「オーセンティックハリウッド」

ゲートホテル雷門は珍しいことにロビーフロントの下に客室フロアがあります。

そのおかげで何度かロビーフロアに行こうとして、外に出そうになってしまいました(笑)

下町の情緒あふれるパノラマビューに心を踊らせつつ、エレベーターでお部屋へ。

今回のお部屋:オーセンティックハリウッド

ゲートホテル雷門ハリウッドツイン

ツインですが、ハリウッドタイプはベッドがくっついているのが特徴。

由来は名だたるハリウッドスターが好んでいたから等、諸説あるようです。

落ち着いたモダンな雰囲気の中、時折見せる粋な派手さ。

ゲートホテル雷門ハリウッドツイン

下町の風情と、華やかな装飾の対比。

そして違和感すらも美しい見事な調和。

つい無言でシャッターを切ってしまいます。

遊び心たっぷりな鏡をアクセントに

このお部屋で一番目を引くカラフルな鏡。

ゲートホテル雷門の鏡

シックな空間に浮かぶ、差し色のような存在。

下町の遊び心を感じますね。

カードキー撮影時にも、あえて背景としてぼかすと可愛く撮れます。

ゲートホテル雷門カードキー

ザ・ゲートホテル雷門の朝食

ゲートホテル雷門R restaurant

ゲートホテルといえば見た目は美しく、味は絶品の朝食。

なんと3年連続で東京1位に輝いた実績もある、充実のブレックファーストなのです。

これを食べずしてゲートホテルは語れない…!

というわけでメニューや雰囲気を紹介していきます。

圧巻のパノラマビュー!開放感に包まれながらのモーニング

朝食会場は13階にある「R restaurant」

浅草をパノラマビューで楽しめる造りになっています。

日差しが強いのでブラインドが下がってますが、景色は十分見えます。

ゲートホテル雷門R restaurant

席がいくつか空いており、選ばせてもらえました。

さすがに窓際は眩しいので、今回は窓からやや離れたテーブルへ。

朝食メニュー

ゲートホテル雷門R restaurantメニュー

メニュー内容は変更になる可能性もあるので参考程度に。

3種のメイン料理から1つ選びます。

さらに点線枠の中はおかわり自由とのこと。

ももみ

「え、いくらでも食べていいの!?」ってちょっと欲張りそうになりますよね(笑)

ただまだ朝なので今回は控えめにしました。

大きな窓から差し込む朝日を浴びながら、のんびり朝食を待つ時間も良いですね。

お値段以上の豪華な朝食メニューで幸せいっぱい

オーダーすると、まずはメイン以外が運ばれてきます。

あまりにも美味しそうなので、待ちきれずに撮影前にオレンジジュースをほぼ飲みきってしまいました…(笑)

パンや日替わりスープ、サラダなど

ゲートホテル雷門朝食

あと嬉しいのがバター。

ゲートホテルではなんとあの「エシレバター」をいただけます。

レアチーズのような上品な風味で、シンプルなパンにぴったりです。

見た目もなんだか可愛い!

ゲートホテル雷門エシレバター
ももみ

より朝食が特別に感じられますね♪

そしてメインメニュー。

今回選んだのは「浅草タルティーヌ」

「浅草」と付くように、雷門限定メニューのようです。

「限定」となるとひとまずこれを頼まないわけにはいかないですよね!

たっぷり卵フィリング

浅草タルティーヌ

ふんわりしっとりしたパンの上には、これでもかってくらいの卵フィリング。

またトッピングには「浅草ハム」のスモークベーコンも添えられています。

そこそこなボリューム感。

食べる方は十分お腹を空かせておいてださいね。

ちなみに添えてあるハッシュポテトもカリカリで美味しいです。

浅草タルティーヌ

パンは地元浅草の老舗「パンのペリカン」の食パンを使用しているとのこと。

ここのパン、好きな方も多いのではないでしょうか?

かなり人気店なので、そのパンがここでいただけるってなんだか得した気分です。

これが2,800円って考えると、ホテルとしてはかなりコスパ高いですよね。

ももみ

もちろんサービスのレベルも非常に高く、大満足でした

スポンサーリンク

ザ・ゲートホテル雷門のおすすめポイント

ゲートホテル雷門テラス

こっそり教えたくなる!宿泊者だけが楽しめる絶景バー&テラス

知る人ぞ知る穴場なのでこっそり書きますが…(笑)

ゲートホテル雷門には宿泊者限定のバーがあります。

その名も「B bar」

外観はこじんまり。

それでいて中はオーセンティックな空間。

「入っていいのか…?」と戸惑いますが普通に入店してしまって大丈夫。

ももみ

メニューは簡単な前菜からメイン、膨大な各種アルコールメニューがあります♪

とりあえずスパークリングワインをオーダー。

ゲートホテル雷門バー

1杯目のお供には、風味豊かでカリッと揚がったフレンチフライがおすすめ。

バーからはちょうどスカイツリーがよく見えます。

ワイングラス越しのスカイツリーが映えること映えること…!

2杯目はすっきり甘いアメリカンレモネード

ゲートホテル雷門バー

雰囲気最高だし、特等席でスカイツリーを眺められるし、お酒も飲める。

これぞ穴場中の穴場。

この体験だけでもすでに宿泊の価値があるように思えます。

バーのスタッフさんから聞いた話

ゲートホテル雷門は、スカイツリーと同じ年に建てられたとのこと。

つまりスカイツリーを堪能するために造られているんですね。

こんな贅沢な景色が見られるのも納得ですし、よりホテルが楽しめます。

またメインのお料理が比較的リーズナブルなのにレベルが高い。

ももみ

おすすめはゲートホテルオリジナルのカレーです

バーのフードだから…と侮るなかれ。

かなり本格的で、一度食べたら忘れられないおいしさです。

こんな穴場中の穴場、秘密にしておきたい!

と思いつつ、あまりにも良すぎて教えたくなっちゃいます(笑)

浅草を一望!絶景の宿泊者専用テラス

ゲートホテル雷門テラス

またB barの隣には宿泊者だけが立ち寄れるルーフトップテラスがあります。

ドアを開けるなり、真正面にスカイツリー。

まさに絶景です。

ゲートホテル雷門テラス

写真だと少し遠目に見えますが、実際見るとかなり近く感じます。

また景色もよく街並みを一望できます。

なのでホテルにいながら一味違う浅草を楽しめますよ。

ライトアップされた浅草寺

ゲートホテル雷門テラス

浅草寺を見降ろすことってなかなか無いですよね。

ほぼ人もいなく、見晴らしも良いので優越感に浸れます。

宿泊の際はぜひ贅沢気分を体験しに行ってみてください。

”紅茶の香り”アメニティで気分はティータイム♪

シャンプー等のアメニティはオリジナルです。

ダージリンティーの華やかな香りが魅力的。

ゲートホテル雷門シャンプー

このアメニティはファンも多いんですよね。

そして女子的に嬉しいのが「エプソムバスソルト」付きというところ。

ゲートホテル雷門アメニティ

バスタイムがより楽しみになる、充実のおもてなし。

コスパすごすぎる…

ちなみにゲートホテルは全国に4ヶ所展開しています。

どこもホテル通からの評価が高く、これからの展開に大注目のホテルです。

ザ・ゲートホテル雷門の詳細情報は以下予約サイトにて

スポンサーリンク

ザ・ゲートホテル雷門のアクセス情報・周辺施設

  • ザ・ゲートホテル雷門
  • 住所:東京都台東区雷門2-16-11
  • アクセス:銀座線 浅草駅・出口2徒歩2分/都営浅草線 浅草駅・出口A4徒歩3分/つくばEX浅草駅・出口A1徒歩8分
  • ※東京駅や羽田空港からのアクセスも抜群

浅草・上野エリアだと、「とにかくインスタ映えする」で大人気のランダバウト東京もおすすめです。

いかがだったでしょうか。

ぜひザ・ゲートホテル雷門で、ひとあじ違う浅草観光を楽しんでみてください。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる